光タクシー株式会社

​地方の小さな都市で地域の足を守らなくてはならないタクシー会社。地方ならではの問題に直面し、いかにタクリーチを活かしたのか。

ストーリー

新型コロナが猛威を振るい、飲食店の営業が制限され、由利本荘の街の経済は疲弊しきっていました。経済活動を下支えしてきたタクシーは、もうそこには必要なくなっていました。光タクシーの売上は激減し、明日の経営も危ぶまれました。

小石社長は乗務員の給料だけは最低確保しなければ、組織が空中分解するであろうことを悟りました。とは言え、売上を作るには配車も止めるわけにはいきません。このジレンマを自ら配車オペレーターとして参戦することで、クリアしようと努めました。しかし、365日早朝より深夜まで、繫ぎ続けることには限界があることを身をもって知ることとなりました。

そんな悶々とする日々にタクリーチと出会いました。藁にもすがる思いでリサーチし、他の配車アウトソーシング会社も研究しました。出会いからたった2か月、導入を成功させました。営業の要である配車センターを外注化する決断を素早く行い、会社の危機を救った小石社長に忌憚のないお話を伺ってまいりました。

光タクシー株式会社

秋田県由利本荘市砂子下48-1

0184-22-1111

http://www.hikaritaxi-jp.com